「プラスワン英語法」で本当に英会話が出来るようになるの?実際に体験した結果・・・

英語

今回ご紹介するのは副業ではないのですが、私が実際に体験してみた英会話「プラスワン英語法」について本当に英会話が出来るようになったのか、体験を交えてご紹介していきます!

プラスワン英語法って何だろう?

プラスワン英語法を簡単に表すと、「中学レベルの英語力でOK」「暗記禁止」「辞書禁止」「1日15分以上の勉強禁止」をキャッチフレーズに英会話を学ぶオンライン英会話レッスンのことです!

プラスワン英語法では英語を学ぶのではなく話すことで英会話が出来るようになると書かれていますが、まさにその通りだとおもいます。

そして、英語学習のよくある間違いとしてプラスワン英語法は以下が挙げられています。

    1. 英語をいっぱい聞けば、英語に慣れて話せるようになる
    2. 単語やフレーズを覚えると英語が話せるようになる
    3. ネイティブはそんな表現しないよ!完璧な英語でないとダメ
  1. 英語の発音が悪いと伝わらない
  2. ネイティブを目指してしまう

上記については英会話が出来るようになるための条件にはなっていますが、これは当然だと思いますしこれらを羅列することで「プラスワン英語法」に興味や関心を持っていく手段であると感じ取ることが出来ます。

そして、「プラスワン英語法」はたったの7日間で英語の考え方が変わり、簡単なLINE@登録で無料レッスン動画を7本程配信しているそうです。その内容は下記となります。

  1. 私が5ヶ月で英語を習得できた「たった3つ」の行動
  2. 英語を話すために必要な「英語脳」の作り方
  3. 英語は『3語』が基本です
  4. これができると会話が弾む「外国人と仲良くなる方法」
  5. コミュニケーションがあっという間にできちゃう『魔法の方法』
  6. あっという間に聞き取れちゃうリスニング法
  7. 英会話力が格段にアップするプラスワン英語法

もし英会話に興味があれば一度内容を確認してみて下さい(^^♪
「プラスワン英語法」無料体験

プラスワン英語法という英会話を実際に体験した結果は!?

簡単に「プラスワン英語法」を紹介したところで、実際にプラスワン英語法を体験した結果を発表しますと、残念ながらプラスワン英語法では英会話をすることが出来ませんでした。。

では何故英会話が出来なかったのかを具体的に説明をしていきます。

制限がかかってしまい出来るものが出来なくなった

「中学レベルの英語力でOK」「暗記禁止」「辞書禁止」「1日15分以上の勉強禁止」のキャッチフレーズがあるのですが、特に1日15分以上の勉強禁止をされては他にも色々な英会話をしたいのに何も出来なくなるので、制限をかけるようなことをされたせいで学べるものも学べなくなってしまいました。。

こうなってしまうとモチベーションが落ちるだけでなく英会話にも支障が出てしまい、結果全然話すことが出来ませんでした。

シンプルな構造で英会話が出来るようにならなかった

英語と言うのはシンプルな構造であることは分かるのですが、それがずぐに英会話出来るかと言われると実際はそんなことはなかったです。

というのも、すぐに英会話が出来るようになったら誰も苦労はしないと思います。(ただ天才の人はすぐにでも身につけられる人もいるかとは思いますが。。)

おそらく時間をかければ英会話も出来るようになると思いますが、初心者はすぐに英会話をすることが出来ませんでした。

TDFCというメソッドは初心者には難しい

TDFC(Topic(トピック) Detail(詳細) Feeling(感情) Conclusion(まとめ))というNextepが独自に開発した英会話がスムーズに続くメソッドですが、構造を理解するのに時間がかかりますし、何よりそんなに簡単ではないので慣れるのに時間がかかります。

また、60日+αで英語講師になりました。と言っている方がいるのですが、実際は恐らくそんなことはないと思います。英語が元々出来る人でしたら可能なのかもしれないですが、初心者の方がいきなり英語講師になるのは無理があります。

色々と理由をお話しましたが、実際に体験した結果は英会話が出来るようにはなりませんでした。

副業を詳しく知りたい方はスペシャリストの山本彩さんのLINEを登録してみてください^^

いかがでしたか^^?プラスワン英語法は英会話を話すことが出来ませんでしたが、
それでも「プラスワン英語法」に興味があれば一度実践してみても良いと思います。
「プラスワン英語法」無料体験